The stray sorcerer -はぐれ魔術師冒険記-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第9話 出戻り! 響く悲鳴と女子トーク。

「見えた! ドラゴンズリーチだ!」

ディムホロウ墓地を脱出し、山道を歩いて小一時間。
ツンドラの大地にそびえ立つドラゴンズリーチが見えた。

「それじゃあここは、山の南側なのね?」
「そういうことだね。
 山の北側から入って、そのまま反対側に出ていたんだ」

俺たちは山の北側からディムホロウ墓地に入ったわけだが、洞窟を出た場所が山のド真ん中だったため、自分たちのいる場所がどこなのか、わからなくなってしまったのだ。
だが、幸いにも少し開けたところに出た時、『世界のノド』が前方にあることに気が付いた。
おかげで、俺たちが山の南側にいることがわかったのだ。

「風は止んだし、寒さも和らいできたね。 まだ少し冷えるけど、山を下ればもう大丈夫だな」
「急ぎましょう。 太陽は…お肌の大敵ですのよ。 わかっているとは思いますけど」

セラーナの一言で、彼女が吸血鬼であることを思い出した。
俺たちには温かな日差しでも、セラーナはジリジリと焼け付くような日差しに感じるのだろう。

01ドラゴンズリーチだ!

「このまま、ホワイトランへ行くの?」
「ああ。 ホワイトランでしばらく休んで、日が落ちてから出発しようと思う。
 昼間の移動は人目に付くから、しばらくは夜の移動をメインにしよう」
「(シン、セラーナに気を使ってる?
 そういえば、仲間の墓前にお花を供えてくれたっけ…。 シンって、結構優しいオトコかも?)」
「ん? どうした、シエラ?」
「え!? な、何でもないわ」

そんな会話をしながら山を下りた俺たちは、ドラゴンズリーチを目指して歩きだした。
街道を外れていたため獣に出くわすことはあったが、さして危険なことはなく、昼前にはホワイトランに到着した。



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/04/29(金) 23:59:35|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:7

インターバル #2

「おはようございます! ご注文の野菜と小麦、お届けに来ました!」
「あらアマメちゃん、ご苦労様。
 サーディア! 野菜をいつものところによろしくね!」
「はい! ただいま!」

今日も活気溢れるバナード・メア。
ホワイトランの街は相変わらずのんびりしていて、先日のドラゴン騒ぎが嘘のようです。

01活気あふれるバナード・メア

イーストマーチとの取引が始まって以来、ホワイトランの食料事情は大きく改善されました。
食料の増産だけでなく、新しい食材もどんどん増えて、豊かな食生活が当たり前になりつつあります。

「食料が安く手に入るようになって、本当によかったわ。
 それもこれも、彼のおかげね!」
「まったく、世の中わからないものだな。
 ほんの少し前まで毎日昼まで寝ていたヤツが、これだけのことを成し遂げるとは! わはは…!!」

バナード・メアに集まるお客さんたちが、しきりにシンさんの噂をします。
今やシンさんは、ちょっとした英雄です。




続きを読む

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/04/22(金) 00:04:55|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:8

第8話 脱出! もっとも危険なエスコート。

石のモノリスから出てきた美女は、なんと吸血鬼だった!
彼女の正体にいち早く気付いたシエラが、彼女を俺から引き離す。

「吸血鬼は…お嫌いかしら?」
「私はデイドラを狩る者、ステンダールの番人。
 彼はあなたたち吸血鬼を狩る者、ドーンガードよ…!」
「…なるほど、ドーンガードとは、そういう人でしたの…」

その場の全員に緊張が走る。
ヘタに動けば、そのまま戦いになってしまいそうだ。

「…なら、わたしを殺せば、吸血鬼を一人仕留めたことになりますわ。
 けれど、わたしがこうして目覚めたということは、何かもっと大変なことが起きている証拠ですのよ?」
「大変なこと…ですって? 何が起こっているというの?」

01離れて!

「二人とも、ちょっと待った。
 今ここで、俺たちが争う意味はないんじゃないか?」

「えっ?」
「な…? シン!? どうしたの?」

突然の発言に面食らって、二人は思わず俺の顔を見た。

何故だろうか。
俺は彼女に警戒心を抱いていなかったのだ。
シエラの言うとおり、彼女は先ほどまで俺たちと死闘を演じたやつらと同じ、吸血鬼だ。

だが俺は、彼女が先ほどまでの吸血鬼とは違うと、そう感じたのだ。




続きを読む

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/04/15(金) 23:23:14|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:5

第7話 目覚め! 眠れる遺跡の吸血姫。

「フン…! なんの話か…ぐふっ…わからん…な…ッ!」

扉を抜けた途端、何者かの声が響いてきた。
音が大きく反響している…ここは、かなり広い空間のようだ。

「フム…その言葉を信じよう、番人よ」

部屋を抜けると、そこはテラスになっていた。
声のする方を見ると、テラスの下に人影が見える。
二人の人物の前に、もう一人が跪いて…あれは、拘束されているのか?

01肉を切り裂く音

「どうやら自分たちが何を見つけたのかも、理解していないようだがな。
 …さて、これでお前は用済みだ。
 最愛のステンダールとやらの元に送ってやろう」

ザシュッ!!

「ッ!?」

刃が肉を切り裂く音。
今まさに俺の目の前で、人が無残に殺された。





続きを読む

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/04/08(金) 00:01:00|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:7

第6話 激闘! 振り払え、不死者の魔の手。

「ドラウグルだ…!
 よかった、完全に動かなくなってるみたいだな」

吸血鬼とのタイマン、そしてスケルトンの包囲網を突破し、先の部屋に入った俺たち。
そこは、古代ノルド人の遺体が安置された部屋だった。
部屋の中に並ぶ棺の中にはドラウグルが眠っていたようだが、幸い、どのドラウグルも動き出すことはなかった。

01争いの痕跡

「ん? 待って!
 …このドラウグル、傷ついているわ。 どれも新しい傷よ」

よく見ると、棺の外に出ているドラウグルの体には、どれも戦闘をした痕跡があった。

「吸血鬼と戦ったのか…!
 だとすると、この先にもまだ、吸血鬼がいる可能性が高いな…」
「これだけの数のドラウグルを倒していったのなら、吸血鬼の人数も少なくないわね…」

想像したくない事態だ。
だが、ここで引き下がるわけにはいかない。
平和的な吸血鬼ならともかく、あのような危険な連中を野放しにしては、近隣の街が危ない。
なんとしても、殲滅しなければ!




続きを読む

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/04/01(金) 00:01:00|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:5

プロフィール

シン

Author:シン
「The Elder Scrolls V: Skyrim」のロールプレイを公開しています。

このブログはリンクフリーです。
よろしくお願いします!

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

もくじ (1)
スカイリムRP シン (54)
キャラクター設定資料 (1)
スカイリム MOD紹介 (3)
雑記 (3)
自作MOD (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。