The stray sorcerer -はぐれ魔術師冒険記-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第16話 血の名残! 姉を案じる、妹の今。

「いやぁ、すっかり暗くなっちまったなぁ」
「お前のせいだろうがっ!」
「ウヘヘ…すいやせんw」

朝方にリフテンを出発した俺たちだったが、リフト地方の出口となる山間部に入ったところで、夜になってしまった。
フロッグの二日酔いは思いのほかひどく、休憩を頻繁に取りながらの旅となってしまったためだ。

彼は腕は確かだが、ギルドの盗賊という『それらしい雰囲気』を感じない。
だが、なるほど…合点がいった。
悪党ではあるがどうにも憎めない、不思議な魅力のあるやつだ。

01錬金術師の小屋

「これから山を越えるのは危険だな…この辺りでキャンプでもするか…」
「ああ、それなら、錬金術師のオッサンが住んでる小屋があったぜ」

錬金術師の小屋? こんな場所で生活している人がいるのか?
この辺りは錬金素材となる材料は豊富にあるが、獣が多いので危険な場所でもある。
研究に没頭できそうな環境ではあるが、思い切ったことをしたものだ。

「お、あの小屋か?」
「ああ、そうそう、アレよ!」




続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/06/25(土) 06:46:00|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:3

第15話 新任務! ドーンガード、増強計画。

セラーナと別れてから数日。  俺はリフテンにいた。

「まったく、面倒な任務だぜ…」

俺はドーンガード砦に戻り、これまでの経緯をイスランに報告した。
予想以上に悪い状況を打開するため、イスランは俺に新たな任務を命じたのだった。

「彼らはドーンガードに協力してくれるだろうか…?
 ステンダールの番人の事といい、イスランの性格には困ったもんだな…。」

任務の内容は、ソリーヌ・シュラルドガンマーという二人の人物を仲間に引き入れることだった。
だが、彼らはイスランと揉めた挙句、彼の元を去った人物だという。

01俺はリフテンにいた

「一人はリーチのドゥーマー遺跡のどこか! 一人は獣を探してスカイリムを放浪中!
 いくらなんでも、手がかりが少なすぎるだろ!」

イスランは彼らの居場所について情報を提供してくれたが、あまりにも曖昧な情報だった。
この情報だけで、彼らの居場所を特定することは困難だろう。

愚痴をこぼしながら、俺は昨日のことを思い出していた。




続きを読む

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/06/17(金) 23:33:28|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:7

Skyrim登場人物に30の質問 シン 編

スイートロール様のブログ『明日は明日の風が吹く』より公開中の『Skyrim登場人物に30の質問』。
良い機会なので、私も便乗することにいたしました!
決してRPの続きが間に合わないからではない。グフゥ

◆ 明日は明日の風が吹く

素敵なお題を提供してくださった、スイートロール様に感謝です!
ありがとぉ♪ヾ(;∀;)ノ

CC01_シン_Q00

さぁ、気合は十分だ!
当ブログRPの主人公『シン』に、30の質問を答えてもらったぞ!




続きを読む

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/06/11(土) 21:01:34|
  2. キャラクター設定資料
  3. | コメント:2

S-I-N Follwers 第1段 フォロワー シン 1.1

S-I-N Follwers 1.0を導入された皆さまへ、重要なお知らせ!

1.0はテクスチャのパスが間違っていたため、髪が真っ白になっておりました。(フロッグさん、ご報告ありがとうございました!)
修正版の1.1をアップしましたので、再度DLをお願いいたします。

お手数をおかけしますA;´Д`)``

ダウンロード S-I-N Follwers 1.1(Nexus)




やっちまったぜ…。

何を血迷ったのでしょうか。
このブログのRPで主役を張るダメ人間、シンくんが…

フォロワーになっちゃいました!!

01まさかの公開


S-I-N Follwers 第1段 フォロワー シン 1.0
予定調和まさかの公開です!

ダウンロードは⇒ココ(Nexus)からどうぞ!



続きを読む

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/06/04(土) 21:15:35|
  2. 自作MOD
  3. | コメント:16

第14話 悪魔の契約! 吸血鬼の王、ハルコン。

ハイロックとの境界近くにある古城。
そこは、セラーナの家であり、同時に恐ろしい吸血鬼たちの居城であった。

広いホールに並んだ長テーブルに着き、人間の死体や皿に盛られた肉塊を貪る住人たち。
そして、その血の晩餐の中央に立つのが、セラーナの父親であった。

01娘に呼びかける父親

「娘よ、星霜の書は持っているのだろうな?」

威厳のある低い声で、娘に呼びかける父親。
だが、セラーナはその一言に、むっとした表情になった。

「…久しぶりに会って、真っ先に聞くことがそれですの?」

全くその通りだ。
彼女は途方もない年月を、石の棺で過ごしてきたのだ。
顔を忘れてしまってもおかしくないほど長い年月を、離れ離れで過ごした親子だというのに…。

「…ええ、書なら持っておりましてよ」

不満をあらわにしながらも、セラーナは背負っていた巻物を父親に見せた。
黄金の細工が施された、豪華な金属製の筒に収まった巻物。
そういえば、セラーナは常にこの巻物を身に着けていた。

…ん? ちょっと待て!?
今、彼は『星霜の書』と言ったのか?



続きを読む

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/06/04(土) 21:12:42|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:9

プロフィール

シン

Author:シン
「The Elder Scrolls V: Skyrim」のロールプレイを公開しています。

このブログはリンクフリーです。
よろしくお願いします!

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

もくじ (1)
スカイリムRP シン (54)
キャラクター設定資料 (1)
スカイリム MOD紹介 (3)
雑記 (3)
自作MOD (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。