The stray sorcerer -はぐれ魔術師冒険記-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第20話 決着! 古代の戦士と手向けの花。

「うおぁぁぁあああーッ!!」

ドラウグルの両手剣を弾き飛ばし、一気に懐へと飛び込む。
力強い脚で踏みとどまったドラウグルだが、振りの遅い両手剣では反撃が間に合わない。

「遅いっ!!」

反撃!

ザンッ!

両手剣の一撃が来る前に、こちらの攻撃がドラウグルの胸を捉えた。
横一文字になぎ払った刃は、鎧を大きく切り裂く。









「でぇいっ!!」

続け様の斬撃がドラウグルの鎧を次々と切り裂いていく。
装甲で刃を受け止めようものなら、鎧ごと切断する勢いだ。

「ヌゥッ!?」

剣の切れ味に気が付いたのか、ドラウグルは防御をやめ、刃を回避し始めた。
やはりこのドラウグル、只者ではない。
剣術は一流の戦士のそれだ。

猛攻!

「フンッ!!」

俺の攻撃をかわしたドラウグルは、その一瞬の隙に反撃してきた!

ザシュッ!!

「ぐっ…!?」

両手剣の切っ先が、俺のわき腹をわずかに掠める。
傷口は小さい。 だが、麻痺の毒でも盛られたかのように感覚が鈍った。

「(氷の符呪か…!!)」

俺と古代の戦士の戦いは、五分と五分だ。

五分と五分

「(あの重い剣をまともに喰らったら…確実に死ぬ…!
 でも、重い分だけ…攻撃は遅い。 …勝機はある!)」

攻撃をかわした瞬間に踏み込んで、ヤツの真心を捉える。
そして、火炎魔法で一気に焼き尽くすんだ…!

「ソブンガルデ・サラーン!」

ドラウグルの戦士は両手剣を大上段に振りかぶると、そのまま力いっぱい振り下ろした。

ズガァッ!!

ノルドらしい、豪快な一撃だ。
刃は石畳を叩き割り、地面に深々と突き刺さっている。 紙一重で回避できたが、喰らえばひとたまりもなかっただろう。

紙一重

一撃の破壊力は大した物だ。 だが、その分隙も大きい。
俺は攻撃を避けた勢いをそのままに、体を捻りながら明王の刃を水平に構えると、切っ先をドラウグルの胴体一点に向けた。

「ヌゥッ!?」

俺の動きを察知したドラウグルは反撃に出ようとするが、石畳に突き刺さった刃はすぐには抜けない。
無防備な胴体が俺の前にさらされる。

勝機!

「もらった!」

渾身の突き

ドスッ!!!

「グワッ!?」

至近距離からの突きが、ドラウグルの胸を捉えた!
刃は完全に体を貫き、背後の壁に突き刺さる。

「終わりだ…っ!!」

貫く明王

「グゥッ!?」

俺は身動きのとれないドラウグルの顔面を左手で掴むと、集中したマジカを一気に解放した!!

「地獄に帰りやがれッ!!!」

紅蓮の炎は鎧の内側から一気に燃え広がり、ドラウグルの体を一瞬で焼き尽くした!

地獄に帰りやがれ!!










「ハァ…ハァ…俺の…勝ちだ!」

鎧の内側から燃やされたドラウグルの体は、完全に炭化していた。
気の遠くなるような年月をこの場所で過ごしてきた古代の戦士は、今まさにソブンガルデへと旅立ったのだ。

「うっ…」

強烈な疲労と痛みが全身を襲い、その場で膝を突く。
戦いの緊張感で、痛みを忘れていたようだ。

「みんなは…無事か…!?」

決着

「シンくん!」

俺を呼ぶ声がして振り向くと、メルラちゃんが階段を登ってくるのが見えた。
アマメと沙も一緒だ。
よかった、みんな無事だった!!

「みんな、大丈夫か!? 怪我は?」
「ええ、ちょっと手足を擦り剥いたけど、たいした怪我じゃないわ」
「よかったぁ…。 かなり高いところから落ちたから、心配してたんだよ」

どうやら、落ちた場所が砂地だったらしい。 おかげで、軽傷ですんだようだ。
もし石畳に叩きつけられていたら、3人とも命が危なかっただろう。 幸運だった。

無事だった

「シンくんこそ、怪我は? …って、お腹切られてるじゃない!? 早く止血しないと!」
「ん? ああ、大丈夫。 ただのかすり傷ぅぅぅぅうう…ゴフっ」
「きゃーっ!? シンさん!!?」

この後、メルラちゃんと沙による手際の良い手当てによって、失血死は免れた。
痛い想いはしたが、美女たちによる献身的な手当て、そしてアマメの柔らかい膝枕で休息というご褒美。
頑張った甲斐があった。











「これがドラゴンストーン…!」
「ようやく見つかったわね! これで目標は達成ね!」

ドラウグルが眠っていた棺を調べてみると、中からドラゴンストーンが見つかった。
これでドラゴンストーンと金の爪の両方がそろった。

「あとはそれぞれの依頼人に届ければ任務完了ですね!」
「そうだね。 よし、戻ろうか!」

目的のものは手にいれた。 後は戻るだけだが、ここで気を緩めるわけにはいかない。
止めておいた罠が何らかの拍子に再び動き出したら、大惨事になりかねないからだ。

ドラゴンストーン

「ん? ちょっと待って! ここ、まだ先があるみたいよ?」

階段の先を眺めていたメルラちゃんが、階段が上へと伸びていることに気が付いた。
どうやらこの壁の先からさらに登ることができるようだ。
目当てのものは手に入れたし、もう少し探索してみることにしよう。

「…? 行き止まりですね」

ところが、階段を登った先は行き止まりだった。
壁に備え付けられた松明の下には怪しげな台座が設置されており、台座の上にはレバーがある。

「その台座はなんでしょう? …レバー?」
「また罠…じゃないわよね?」
「周りにそれっぽいものはないし、多分大丈夫。 引いてみるよ?」

ゴゴゴゴ…

レバーを引くと、目の前の岩壁が動き出し、通路が現れた。 隠し通路だ!

「…すんなり開きましたね。 これまで罠ばかりだったのに」
「聖域に罠はさすがに野暮だと思ったのかも。 古代ノルドは結構信心深い人たちだったのかもね」

出口へ

「ここは…」

隠し通路を抜けると、かがり火が灯る明るい部屋に出た。
灯りに照らされた場所には祭壇があり、頭蓋骨が安置されている。 これは墓標だろうか?

「もしかして、この人がこのお墓の…?」
「そうみたいね。 罠とドラウグルばかりだったから忘れそうだったけど、ここってお墓なのよね」

祭壇と頭蓋骨の周囲にはたくさんの花が供えられていた。
花すでに乾ききっていたが、花びらの色がまだ残っている。 特殊な加工をされた花なのかも知れない。
お供えの花にすらこれほどの手間をかけるとは、とても手厚く葬られた人物だったのだろう。

「仕事とはいえ、騒がせちゃったよな。 …よし!」

古代ノルド人の墓標


手向けの花

「白い花…キレイですね」
「ああ。 ここに来る途中で採取した綿の花だよ。
 お供えや贈り物にする花じゃないけど、安心して眠ってるところを邪魔しちゃったお詫びにね」

俺は花を供えると、墓の主に両手を合わせた。

「たしかに…彼らにとって、私たちはただの墓荒らしですね」
「そうね。 みんなでお祈りしておきましょう。 この人が安らかに眠れるように」

彼女たちも、俺に続いて祈りを捧げた。

鎮魂

「これは外の光? あそこが出口みたいね!」

墓標のあった部屋から通路を辿ると、すぐに外の光が差し込んできた。
月の光だ。 どうやらもう夜になってしまったらしい。

「出口があってよかったです。 入り口に戻っていたら夜が明けていたところでしたね」
「あ~…お腹空いた! 帰ってご飯にしましょ!」

俺たちは洞窟を抜け、遺跡を後にした。

光













ブリークフォール墓地に静寂が戻る。

花に囲まれた墓の主は、再び静かな眠りについた。 
もはや頭蓋骨だけの姿ではあるが、心なしかその表情は、優しく微笑んでいるようにも見えた。

安らかなる時











次回予告
第21話 次なる冒険! 女と縁と、ヒキコモゴモ。

次回予告:次なる冒険!
スポンサーサイト

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/12/25(金) 03:03:18|
  2. スカイリムRP シン
  3. | コメント:0
<<年末!! 行く年、来る年、新生活。(2015) | ホーム | 第19話 聖域! 力の言葉と底力。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シン

Author:シン
「The Elder Scrolls V: Skyrim」のロールプレイを公開しています。

このブログはリンクフリーです。
よろしくお願いします!

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

もくじ (1)
スカイリムRP シン (54)
キャラクター設定資料 (1)
スカイリム MOD紹介 (3)
雑記 (3)
自作MOD (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。